花風デイサービスセンター 笑風にこにこ保育園 ショートステイ雪月花 つつみデイサービスセンター 笑風居宅介護支援 第二笑風苑 笑風デイサービスセンター 笑風苑
2014年8月30日

アクセントのある生活を・・・

本日の昼食は、近くのお店からお弁当を注文することになり、各自ご利用者に選んでいただきました。

ご利用者同士「あなたは何注文したの?」といった会話もみられました。

あるご利用者は麺が食べたいとのことで、近くのコンビニに行き、食べたいものを選んでいただきました。数ある麺類の中から、ご自分でこれが食べたいと醤油ラーメンを手に取る行動がステキに思える場面でした。

IMG_4259

 

IMG_4264

人の生活は、365日一定した同じ内容のものではないはずです。

自宅でご飯を作って食べる日、買ってきたものを自宅で食べる日、外食する日があったり、仕事や学校の日と休日、休日の日でも出かける日と自宅でのんびり過ごす日があったりアクセントがあります。

そのアクセントある生活が普通の暮らしではないでしょうか。

つつみデイの生活が1年中、一定した同じ内容ではその普通の暮らしとの間に開きが大きくなってきてしまいます。

地域へお出かけすることもそうですが、つつみデイで過ごしていただく時間がアクセントのあるものに支援することも大切なことと考えています。

 

 

 

2014年8月26日

いわむらかずお絵本原画展♪

IMG_4275

本日の天候は雨でしたが、先だってこおりやま文学の森資料館様よりご案内をいただいていた「いわむらかずお絵本原画展」を鑑賞に郡山市民文化センターへ皆でお出かけけしました。

外は雨でしたが、地下駐車場を利用させていただき特に支障はなく、観覧料も職員も含め無料で鑑賞させていただきました。

展示されてある原画を見ながらご利用者の皆さん、優しい温かみのあるかわいい絵に

「かわいいね」

「こんな素敵な絵がたくさんならんでいてなかなかみれないよ」

「おれはこの絵が好きだ」等の言葉が発せられていました。

その空間は外の雨の天気に打って変わって穏やかで、雨がその空間をさらによいものに演出してくれているかのようでした。

IMG_4234

 

IMG_4244

 

原画展を鑑賞後は休憩スペースでご利用者からご希望のあったようかんを食すことに・・・

IMG_4252

 

車いす用のトイレもしっかり完備されている点もありがたいことです。

本日も地域の社会資源に支えられながら、社会と交わりのあるつつみデイの活動でした。

 

 

2014年8月16日

干したり、たたんだり☆

つつみデイの生活の中で、当然ながら毎日出てくる洗濯物・・・

 

IMG_4141

干したり・・・

 

IMG_4189

たたんだり・・・

 

皆で互いに協力しながら取り組む、日常的に繰り返される日々のつつみデイのご利用者の姿です。

日によって、「あそこにある洗濯物たたまなくていいの?」とご利用者から言葉があったり、

洗濯物や物干しを置いておくと、自然にご利用者が干そうとする行動がみられたりします。

 

おかげをもちまして、気がつけば、つつみデイが開所して1年半が経過していました。

介護保険法の目的である、ご利用者が有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるように、今後もつつみデイの持ち味である柔軟性を発揮しながら日々全力を尽くして支援をして参ります。

つつみデイサービスセンター 所長 木村 忠士

 

 

2014年8月14日

大安場史跡公園へ☆ドキドキ☆お出かけ

本日は、皆で郡山市田村町にある大安場史跡公園へお出かけしてきました♪

「大安場古墳群(おおやすばこふんぐん)は、福島県郡山市田村町にある古墳時代前期後半頃の築造と推定される前方後方墳1基、円墳4基からなる古墳群。1号墳は東北地方最大の前方後方墳で、国の史跡に指定されています。(ウィキペディアフリー百科事典より)」

IMG_4226

まずは、ガイダンス施設内に入り、安場古墳からの出土品や埋葬時の棺の復元模型などを鑑賞♪

展示されある地元の本物の土器をみて、ご利用者はドキドキ☆

旺盛な好奇心から「手をふれないで下さい」と書いてある土器に触ろうとするご利用者の行動に職員はドキドキ!!

結果、そこにはご利用者と職員の笑い声が飛び交っていました♪

IMG_4201

IMG_4205

IMG_4208

その後は、古墳近くで皆でアイスを食して休憩☆

IMG_4218

 

地域の社会資源に本日も大感謝です!!!

 

 

 

2014年8月13日

味噌汁一杯三里の力

つつみデイでは、毎日ご利用者様と味噌汁の具材決めから行い材料の調理をし食しています。自ら調理をすると美味しさが倍増し会話も弾みます。

 

インターネットにこんな事が書いてありました。

味噌汁豆知識  『味噌汁一杯三里の力』

⦅古い諺に「味噌汁一杯三里の力」というものがあります。

「朝食で一杯の味噌汁を飲むと三里(約12㌔)を歩く力がわく」というのですが、医学的にみると、次のように解釈出来そうです。

三里もの道のりを歩けば、冬場でも汗をかき、体内の水分とナトリウムが失われます。

三里という表現は、農作業をはじめ、昔の重労働を象徴的にいったものでしょうが、そうした重労働で恐いのが、多量の汗を流すことによる脱水です。

私たちの体を構成している細胞は、水分と主にナトリウムとからなる細胞外液に囲まれていますが、脱水とは、その細胞外液が減ってきてしまう状態をさしています。

脱水状態に陥ったときは、水分補充だけではだめで、ナトリウムの補充が必要です。

私たちの体内では、水分はナトリウムなしでは、存在できないので、水分だけを補充しても、細胞外液が増えないのです。

「味噌汁一杯三里のちから」はそのナトリウムを労働の前にあらかじめ補充しておくことで、脱水を防ぐ、食生活の知恵といえます。》

 

 

味噌汁はつつみデイの元気とパワーの源かもしれませんね(笑)!