花風デイサービスセンター 笑風にこにこ保育園 ショートステイ雪月花 つつみデイサービスセンター 笑風居宅介護支援 第二笑風苑 笑風デイサービスセンター 笑風苑
2013年12月31日

平成25年12月31日

平成25年の大みそかである本日は、当事業所が運営する郡山市喜久田町にある特別養護老人ホーム 笑風苑へ地域や山々の景色が一望できる陽当たりのよいお部屋で手打ち年越しそばを食すため皆でお出かけしました♪

天候にも恵まれ穏やかな陽気で、ご利用者から景色を眺めて「地球の動きがとまったみたいに素晴らしい景色~!」との印象深い言葉をいただき、もちろん手打ち年越しそばを食して「おいしい~!」「うま~い!」のオンパレードでした。

皆で同じ空間で同じ景色を眺めながら一緒に年越しそばを食べたことは、今年最後のご利用者にとって喜びある生活行為の一つとなっていただけたご様子です。

今年は多くの皆様にご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

普通を大切に、介護を要する方々に今より元気になっていただけることを基に、今年より来年、来年より再来年とつつみデイが展開する生活支援が絶えず進化したものなるようチーム一丸となって努めて参ります。

来年もどうぞよろしくお願いします。

皆様にとってよい年になりますように

つつみデイサービスセンター 所長 木村 忠士

P1040115

 

 

 

 

 

2013年12月28日

ゆず湯という文化

12/23~12/28は忘年会とともにゆず湯に入っていただきました。

ゆず湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果、さらに、芳香によるリラックス効果があるとか♪

実際にゆず湯に入っているご利用者に

「たまにはこういうのもいいでしょう?」と話しかけると

「たまにじゃないよ~こんないい風呂一生に何度かだ~最高だ!」との言葉があったり、

「ゆずのいい匂いがして最高です!」

「いや~ゆずが入ってるから温まった~」

等々、ご利用者の喜びの声を多々いただききました。

ゆず湯に入ることは、非日常的な生活行為の機会といえるでしょう。それとともに古来から受け継がれている日本特有の「文化」です。

普通を大切にしながらご利用者に元気になっていただくためには、このような「文化」に触れる機会をもちながら生活できるよう支援する視点も大切と考えています。

P1030903

 

 

2013年12月24日

火曜つつみデイの忘年会

12/17、火曜つつみデイでの会話です。

「来週、忘年会やりたいと思うんですけど、何やりますかね?」

ご利用者の皆さん「・・・」(回答なし)

まだご利用開始となって間もないYさんに「Yさんはカラオケ得意なんですもんね?」と職員が話しかけると

Yさん「カラオケボックス!」

というわけで、この会話がきっかけとなり、早速、カラオケボックスに予約の電話を入れることにしました。

12/17の来週ということは、12/24クリスマスイブ、予約がとれるか不安が募ります・・・

1件目は予約でいっぱいとのことでしたが、2件目に電話したところ、運よく空いているとのこと☆

というわけで、12/24は皆でカラオケボックスにお出かけしました♪♪♪

 

P1030935

 

皆が知っている歌を皆で唄い、大いに盛り上がりました~!

Yさんもとても上手で素敵な歌声をつつみデイで初披露してくださいました☆

 

カラオケボックスの部屋の出入り口は、引き戸で車椅子でも悠々通れる広いつくりになっていたり、トイレも手すりがあり、車いす対応の広いつくりで大変ありがたかったです!

前日の夜、下見にお店にお邪魔したのですが、スタッフの方が、ご利用者数、車椅子数を確認し、どこから出入りすれば一番よいか一緒に考えて下さったり、利用する部屋、車椅子対応のトイレの場所等をていねいに説明をして下さいました。本当にありがとうございました。

介護を要する方の生活支援専門職として、来年は、今年以上にご利用者と地域の社会資源を結びつける支援ができるようチーム一丸となって努めて参りたいと思います。

 

2013年12月21日

送別会

本日は午後から、冬期間、県外に行かれるTさんの送別会を行いました。

ビールを好まれるTさん。これまでも当事業所ご利用時、(ノンアルコール)ビールを飲む機会をもって喜んで下さっていました。

本日もその機会をもっていただかないわけにはいきません!!!!

昼食後、(ノンアルコール)ビール、おつまみをご利用者と職員が買い出しに出かけ、ご利用者と職員でおつまみの湯豆腐を作り、枝豆、煮豆を盛付け・・・

P1030878

 

 

 

送別会開始です♪♪♪

P1030881

 

P1030894

P1030883

P1030898

互いに冗談を語ったり、皆さんからTさんへ一言、言葉を贈ったりして・・・場は盛り上がりました☆

最後にTさんに一言、言葉をいただこうとしましたが、「何でビールが好きって、みんな知ってるの~?」と笑いながら恥ずかしがってなかなか言っていただけず・・・職員が「Tさん、ビールで好きですか~?」と問いかけると、Tさんは満面の笑みで「大好きです!!!」と応えて下さり、笑いと拍手が飛び交いました☆

いつも朗らかに会津弁を話して下さる癒し系のTさん、来春戻ってこられたときは歓迎会でまた皆で盛り上がりましょう!皆で待ってます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年12月17日

アンケート実施

去る10月、当事業所の支援内容について、ご利用者・ご家族へアンケートをお願いし、皆様お忙しい中、ご回答下さいました。誠にありがとうございました。

12月に入り、ご回答いただきましたアンケートの集計結果とともに、ご要望等に対しての事業所としての回答を文書でご家族にお渡ししています。

当事業所におけるアンケート実施の目的は、支援内容の質の向上とともにご家族との連携性を高めることにあり、今後も定期的に実施させていただきたい考えでおります。

さて、アンケートの結果を少しみていきますと、質問項目の1つである「全体として事業所の対応に満足していますか」では、満足している81.8%、まあまあ満足している9.6%、分からない9.6%(ご家族からいただいた言葉:本人は記憶がないです。家族としてはよいと思っております。)でした。

また、「当事業所をご利用していただき、ご本人の心身の維持・向上につながっていると思われますか」では、思う72.7%、まあまあ思う18.2%、分からない9.1%でした。この質問項目では①家にいるとは別世界を知ることは刺激になって頭の方にも良いと思います。②今までやることのなかった食器洗い(洗うのみではありますが)をする時がありますので意識はするようになったのかと思います。着る物も「みんな~を着ているから私も」など今まで気を遣わなかったことを口にするようになりました。③家ではあまり何もさせていませんが、自分から動こうとするようになりました。といったご家族からの言葉を頂戴しました。

以上のような評価をいただき、大変ありがたく思っているとともに、評価をいただいているからこそ、さらなる研鑽に努めていかなければいけない思いです。

一方、介助の不備の指摘を一件頂戴し、チームの未熟さを改めて感じ、反省せねばなりません。他、軽い筋トレで良いので取り入れてほしいですといったご要望を一件いただきました。あらためてご理解をいただけるよう事業所の特徴を説明し、要望に対しての可能な限りの対応をしていかなくてはならないと思っております。

2年目に突入した今、ご回答いただいたアンケート結果を十二分に活かしながら、チーム一丸となって支援内容を進化できるよう努めて参ります。

今後とも皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

つつみデイサービスセンター 所長 木村 忠士