花風デイサービスセンター 笑風にこにこ保育園 ショートステイ雪月花 つつみデイサービスセンター 笑風居宅介護支援 第二笑風苑 笑風デイサービスセンター 笑風苑
2016年2月27日

男性介護職員を対象とした緊急ミーティング

最近ニュースで話題となっている、有料老人ホームでの虐待事件に関して

男性介護職員を対象とし勉強会及び、意見交換を実施しました。

DSCF5313
今回の事件の要因は介護職員のストレスによるもので、

笑風会の男性職員が、ストレスを抱えているか調べるために、

ストレスチェックを実施しました。

個々でいろいろなストレス発散方法を持っており、

ストレスを溜め込まれている職員は見受けられませんでした。

他にも笑風会では、先輩職員や、同僚に気軽に悩みを打ち明けられ、

職員関係も良好なことが、ストレスを抱え込まない理由の1つではないかと

話も上がりました。

これからも、職員の悩みや、ストレスが少しでも解消され、

入居者様、利用者様が笑風会の施設で

安心・安全に過ごして頂ける様に支援していきます☆

2016年2月25日

介護支援ロボット 「HAL」

一般財団法人ふくしま医療機器産業推進機構様では、福島県から委託を受けて、高齢者介護施設に介護支援ロボットを無償で貸与し、介護職員の作業軽減効果等を検証する「介護支援ロボット導入モデル事業」が実施され、笑風苑では平成2710~平成282月、介護支援ロボット(腰タイプ)HAL3台お借りする事ができました。

 

DSCF5180
 

DSCF5185
生体電位信号を読み取ることで、介護者が考えた通りに、HALは介護者の動きをアシストし、主に移乗・移動動作、体位変換、中腰の姿勢保持等で効果を発揮し、腰部の筋肉、腰椎、椎間板にかかる負担を軽減する特徴があります。

 

DSCF5187
 

職員が「HAL」を装着すると、入居者様方は興味津々で「それはなに?」と驚きの声が聞かれましたが、介護支援用のロボットである事をお伝えすると「すごいねー今はこんなのがあるんだ。」と関心を持たれている様でした。「HAL」を使用し介助させて頂くと「すごいねー、びっくりしちゃった」との声が聞かれました。職員の動作に合わせて機械が作動するので、動作が楽に感じました。

 

DSCF6305
簡単な操作で、必要な時に思い通りにアシストされるHAL独自のシステムなら、いつもの介助がスムーズに行われるのではないかと思います。

 

DSCF5194
 

たくさんの職員に体験してもらい、その都度使用した場所、使い勝手はどうか、以前より軽減されたかなどの感想をもらい報告書を提出しました。慣れるまでに少し時間が掛かりましたが、貴重な体験をさせていただきました。

笑風会では、介護士の腰部の負担軽減の為、色々なタイプの介護ロボットに関心を持ち導入の機会を持っています。

介護ロボットに興味のある方ぜひお待ちしています(^_^)/

 

 

2016年2月4日

節分

2月3日、節分の日。

笑風苑にて、2匹の鬼が、デイサービスと各お部屋に出没しました。

095
鬼がお部屋へ入ると、皆様驚かれたり、喜ばれている様子でした。

「鬼は外ー!福は内ー!」と元気良く、豆まきをすると

「イタイ!イタイ!」と鬼は退散…。

 

サイズ変更
変わって、可愛らしい「福の神」の登場です!

サイズ変更2
 

豆をお配りすると、投げないですぐに食べちゃう方も…。ヽ(^。^)ノ

皆様の笑顔が沢山見られ、鬼も大満足の一日でした!!

どうか、素敵な1年でありますように。